会社概要

    商 号 各務原航空機器株式会社 (カカミガハラコウクウキキ カブシキガイシャ)
    Kakamigahara Aero Equipment Co.,Ltd
    所在地 〒504-0814 岐阜県各務原市蘇原興亜町3丁目6番地
    TEL 058-382-1152  FAX 058-382-2801
    代表者 代表取締役会長  橋本 繁明
    代表取締役社長  橋本 将宏
    創 立 1968年4月18日
    資本金 1,000万円
    主要取引先 川崎重工業株式会社殿
    三菱重工業株式会社殿
    新明和工業株式会社殿
    日本飛行機株式会社殿
    株式会社SUBARU殿
    ヤマハ発動機株式会社殿
    タイコエレクトロニクスジャパン合同会社殿

沿  革

    1968年4月 各務原航空機器株式会社を設立
    ワイヤーハーネスの組立・加工事業として操業開始
    1979年 生産量の増改に伴い、工場を増設
    1989年 同敷地内に事務所を新設
    1999年 レーザーマーキング装置#1(Spectrum社 CAPRIS60)を導入
    2001年 導通絶縁試験装置(自社製)を導入
    2002年 レーザーマーキング装置#2(Spectrum社 CAPRIS60)を導入
    2003年 導通絶縁試験装置(Schaffner社(現WEETECH社) W427)を導入
    2008年 レーザーマーキング装置#3(Spectrum社 CAPRIS50-300ES)を導入
    2009年 同敷地内に新社屋を新築
    JIS Q 9100:2004 / JIS Q 9001:2000(ISO 9001:2000)認証取得
    2010年 導通絶縁試験装置(自社製)を導入
    2011年 レーザーマーキング装置#4(Spectrum社 Nova860)を導入
    2012年 JIS Q 9100:2009 / JIS Q 9001:2008(ISO 9001:2008)更新認証取得
    2016年 レーザーマーキング装置#5(Spectrum社 Nova860)を導入
    導通絶縁試験装置(自社製)を導入
    導通絶縁試験装置(MK TEST SYSTEM社 D1500)を導入
    2018年 JIS Q 9100:2016 / JIS Q 9001:2015(ISO 9001:2015)更新認証取得

主な製造機種/製造開始時期

    設立〜 YS-11 旅客機、KV-107ヘリコプタ
    1970年代 P-2J 対潜哨戒機、OH-6 ヘリコプタ、C-1 輸送機、F-4EJ 戦闘機
    BK-117 ヘリコプタ、護衛艦、各種機能試験装置
    1980年代 P-3C 対潜哨戒機、C-1 STOL 実験機、T-4 練習機、CH-47 大型ヘリコプタ、
    F-15J 戦闘機、対戦車誘導弾、艦艇機器
    1990年代 OH-1 ヘリコプタ、F-2 戦闘機、GlobalExpress/BD-100 ビジネスジェット、
    宇宙機用実験装置、モータースポーツ関連
    2000年代 US-1A改/US-2 救難飛行艇、MCH-101/CH-101 大型ヘリコプタ
    P-X/C-X 次期大型機試作、TK-X 新戦車試作
    2010年以降 P-1 対潜哨戒機、C-2 大型輸送機、10式戦車
    機動戦闘車試作、16式機動戦闘車、P-1搭乗員訓練装置、C-2搭乗員訓練装置

アクセス


各務原航空機器株式会社
〒504-0814 岐阜県各務原市蘇原興亜町3丁目6番地
TEL 058-382-1152 FAX 058-382-2801

ページ上へ